名古屋のピローメーカーが作るオリジナルクッションとマクラのお店です

イスザブ ISUZABU 椅子専用ざぶとん JZ-IZ19600

13,000円(税込14,300円)

  • カラー
購入数
“isuzabu

骨格に心地いい。
使うほどカラダに馴染むずっと暮らしのそばに。


「ISUZABU(イスザブ)」は骨格のプロである整体師のアドバイスに基づいて開発しました。背骨がS字に弯曲し骨盤が直立した腰へのストレスゼロ姿勢へ整えていく椅子専用の座布団です。ずっと愛用していただけるように質実剛健な倉敷帆布を使用し、日本の気候風土や暮らしと調和する昔ながらの座布団の製法によって一つ一つ手作りで作られています。

“isuzabu


手しごとがつくる
フラットな座面


イスザブは、機械でわたを入れるのではなく、伝統的なざぶとんの製法にこだわりました。手作業でシート状にした天然の綿わたをミルフィーユ状に重ね成形します。座った時に違和感がないか、一つ一つ手で表面を確認しながら調整し、機械ではできない、ざぶとんならではのフラットで安定した座面を生み出しています。
伝統+特殊素材の
2層構造


蒸れを考慮して、吸湿性の高い綿わたを巻きわたとして使用し、中心部に立体成型わたのテイジンのV- lap®を使用しました。タテ方向の繊維構造により、垂直にかかる力に反発し、へたりやすさを緩和しました。また、カラダから発散される水分や空気中の湿気も素早く吸収・発散してくれます。


背骨と骨盤を支える
シンプル構造


カラダに負荷が少ない姿勢は背骨のS字がポイント。背もたれを折り曲げるONモードで、腰椎を支え、背骨のS字カーブを無理せずKEEP。さらに、フラットな座面により、骨盤下部にある坐骨が安定して接地し、S字カーブの土台となる骨盤を立たせる姿勢に導きます。


骨格に心地いい=カラダに負荷が少ない状態。カラダに負荷のない座り姿勢は「背骨」と「骨盤」この2つの骨がポイントになります。イスザブは、くるっと曲げた背もたれが、ちょうど腰椎あたりを支える構造になっており、適度なS字カーブを保持することができます。
背骨がS字カーブを描くには、骨盤がまっすぐ立っている必要があります。イスザブは、坐骨が座面に接地しやすいようにフラットになっています。このフラットな座面と程よい柔らかさにより、座った時に坐骨の2点が沈み込みすぎずに安定し、骨盤が立つ正しい姿勢で座ることができます。

ON/OFFどちらのシーンでも活躍

イスザブは背もたれを曲げるだけで、集中したいONの時、リラックスしたいOFFの時などシーンにわせて、座り姿勢を変えられます。

イスザブ

ONの時はイスザブの背もたれを曲げて使います。曲げた背もたれが、ちょうど背骨の腰部分にある腰椎を優しく支え、自然にS字カーブをキープしやすい姿勢になります。イスザブは、自分の筋力だけで維持するのが難しい腰椎のカーブを支えることで、腰痛を防ぎ、あなたに無理をさせない骨格が心地いい姿勢をつくります。

イスザブ

OFFの時はイスザブの背もたれを伸ばして使います。背もたれ部分を伸ばすと45冂度の長さになり、背中を全体をカバー。安心してカラダをゆだねられる座り心地に。

カバーは丈夫で耐久性の高い帆布生地

帆布は摩擦に強く丈夫な生地です。
クッションでは通常11号の薄手の帆布を使用することが多いのですが、イスザブは丈夫なトートバッグなどに使用する、厚手の8号帆布を使用しました。 使い始めは多少ゴワつきを感じると思いますが、使い込むうちに柔らかくなり、デニムや革製品のように経年変化を楽しめます。 経年変化を楽しみ、愛着を持って長く使ってもらえるのは、丈夫な素材だからこそできることです。
イスザブのカバーは帆布の中でも、国産で丈夫な倉敷帆布を使用しています。倉敷帆布は、国内の帆布生産の70%を占め、一級帆布と呼ばれています。130年以上受け継がれてきた高度な糸撚り技術により、綿100%の原糸数本を撚り合わせ、しなやかさと強さを併せ持つ糸が使われます。

職人の経験と感覚を頼りに、現在は廃盤となったシャトル織機で少しずつ丁寧に織り上げられます。1台の織機で1日に織れるのは、50〜70メートル程度。丁寧にゆっくり織ることで、倉敷帆布ならではの独特の味や風合いが生地に生まれます。




生地の汚れを防ぐために撥水加工

毎日の生活で汚れはつきもの、汚れたら洗う、そんな手間を少しでも省きたい。イスザブはできるだけ汚れないようにして、日常の中の家事をちょっとだけラクにします。

うっかりお水がかかってしまっても大丈夫なように、カバー表面には撥水加工を施しました。コーヒーやお茶をこぼしてしまった時ももちろん大丈夫。慌てず、こすらずに、乾いた布でトントンと優しく生地を叩くように水分を吸い取ると、後も残りません。

(※時間が経っている場合や、擦ってしまった場合には、こぼした液体の色が残る場合もございます。できるだけ早めにトントンお願いします)
こんな風にしっかり撥水します。

お醤油もこのとおり、トントン水分を吸い取れば、生地が汚れず元通りに。同じように濃い色のコーヒーやお茶なども問題ありません。
 造


選べる6カラー

インテリアになじむ優しいベーシックカラーとインテリアの差し色になるアクセントカラーを選びました。
帆布ならではの発色のよさも楽しんで頂けます。
isuzabu カラーバリエーション
isuzabu カラーバリエーション

商品スペック
isuzabu スペック

注意事項

帆布生地について

イスザブに使用されている帆布は、古い織機でゆっくり織りあげています。
古い織機だから出せる素朴な風合いが特徴ではありますが、どうしても生地特有の下記のような織キズが出てしまいます。 isuzabu 帆布生地織キズ
※あくまで一例です。様々なサイズや形態がございますのでご了承ください。弊社にて1点1点検品を行っておりますので、ご安心ください。

色移りについて

帆布生地本来の風合いを残すため、必要以上の色止め加工を行っておりません。通常の使用では色移りはしませんが、お洋服が汗や水分で濡れていたりすると、色移りする場合もございます。ご注意の上ご使用ください。
濡れた布で100回こすってみた結果です。レッドとネイビーはわずかではありますが、写真でもわかる程度には色移りしています。他4色は、色移りはしませんでした。(※必ずしも同じ状態になるとは限りません。)
isuzabu 色移りについて

お手入れについてのFAQ

Q.中材(ざぶとん本体)は洗濯可能ですか?

A.中材はお洗濯できません。汚れてしまった場合は水で濡らしたふきん等で汚れた部分を叩くように部分 洗いしてください。お手入れ後は、風通しの良い日陰でしっかり乾燥させてください。

Q.カバーは洗濯可能ですか?
A.カバーは洗濯可能です。生地に撥水加工を施しているのでできる限り洗濯はお避けください。お洗濯をする場合は、必ずカバーから中材を取り出し、ボタンを留め、ファスナーを閉めてから、洗濯ネットに入れてお洗濯してください。 色移りする恐れがありますので、必ず他のものと分けて単独でお洗濯してください。素材の特性上、洗濯すると多少の縮みや色落ちシワが発生します。

Q.カバーの撥水加工は永久ですか?
A.撥水加工は永久的なものではありません。使用や洗濯により徐々に撥水性が弱くなります。できるだけ洗濯はお避けください。

Q.カバーの普段のお手入れ方法を教えてください
A.撥水加工を施しているので汚れは落ちやすくなっています。汚れた場合はこすらずふきんなどで手早く水分を拭き取ってください。 油分を含むもの、粘度の高いものは、汚れが残る場合がありますのでご注意ください。 汚れが残った場合は部分的に手洗いをしてください。

Q.カバーは色移りしますか?
A.濃色のものは摩擦により色が移る場合があります。 汗など湿った状態でのご使用はお避けください。(詳しくは同ページ内にある色移り実験を参照下さい)

Q.カバーのシワが気になる場合、アイロンをかけても大丈夫ですか?
A.底面の滑り止めコーティングが溶ける恐れがある為、 アイロンのご使用はお避けください。生地の特性上、お洗濯をすることでシワが発生しますが、そのシワにより柔らかい素材感になります。

Q.タンブラー乾燥は可能ですか?
A.タンブラー乾燥は不可です。洗濯後は濡れたまま放置せず、形を整えて風通しの良い日陰で自然乾燥をお願いします。定期的に風通しの良い日陰に干すことで気持ちよく長くお使いいただけます。

商品特徴
骨格のプロである整体師のアドバイスをもとに開発。カラダに負荷のない座姿勢が自然に作れた椅子座布団。
集中したいONの時、リラックスしたいOFFの時など、シーンにあわせて座り姿勢を変えられます。
日本国内の職人の卓越した技術と現代の素材を融合させ、座布団を進化させました。
商品概要
商品名       ISUZABU イスザブ
商品番号      JZ-IZ19600
カラー       全6色
本体サイズ     約 90x44(cm)
素材・原料
カバー
本体 綿100%・底面切替部分 ポリエステル100%
中材
側地 ボリエステル80%、綿20%・詰め物 巻綿 綿80%、ポリエステル20%/固綿 ポリエステル100%
お手入れ方法
・中材はお洗濯できません。
・カバーは洗濯可能です。お洗濯の際は必ず中材を取り出し、ボタンを留めファスナーを閉めてから、洗濯ネットに入れてお洗濯してください。
・色移りする恐れがありますので必ず他のものと分けて単独でお洗濯してください。
・タンブラー乾燥はお避けください。
・アイロンのご使用はお避けください。
・濃色のものは摩擦により色が移る場合があります。